スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中医協】医療技術344件が2次評価へ(医療介護CBニュース)

 診療報酬調査専門組織・医療技術評価分科会の吉田英機分科会長は11月18日の中医協・診療報酬基本問題小委員会で、来年度の診療報酬改定に向けて各学会から要望があった医療技術の評価・再評価で344件が1次評価を通過したと報告した。

 報告によると、3月から6月にかけて学会などから評価・再評価の提案のあった731件(重複分を含めると896件)の医療技術のうち、344件を「2次評価で引き続き検討することが適当」と位置付けた。
 同分科会は今後、2次評価を実施し、保険適用や再評価の優先度が高いと考えられる新規・既存技術について取りまとめる。2次評価の結果を基本小委に報告するのは来年1月下旬ごろになる見通しだ。

 同分科会の評価対象は、「特掲診療料」のうち在宅医療、検査、画像診断、リハビリテーション、麻酔、放射線治療などに含まれる技術。基本診療料や医学管理は評価の対象外となっている。


【関連記事】
【中医協】「医療安全対策加算」要件緩和を-診療側
【中医協】入院基本料の一律引き上げめぐり対立激化
提案技術の収集作業を本格化へ―次回改定にらみ看保連
「在宅医療」を次期改定の評価対象に
08年度技術評価、1次通過は233件

交差点で衝突、5人死傷=茨城(時事通信)
<交通事故>車衝突、コンビニに突っ込む 愛知で5人軽傷(毎日新聞)
<法科大学院>14校が抜本的な改善必要、12校は不十分(毎日新聞)
<少女水着画像>「ジュニアアイドル」都が保護者指導を検討(毎日新聞)
基地問題が争点…名護市長選告示(スポーツ報知)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。